読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4日目:綺麗な英語だけではない

こんにちは。トラ子です。

 

いよいよ語学学校の授業がスタートです。

ここでクラスメイトと緊張の初対面・・・

"明るく笑顔で元気よく"

ド定番な心構えをし、

「Hi!」と挨拶をしながら教室に入りました。

 

私のクラスメイトは大半がブラジル人でした。

私の学校が・・・なのか

カナダ(トロント)が・・・なのか

時期が・・・なのか

は、わかりませんが

どこのクラスもブラジル人の割合は

多いようです。

 

彼らと授業を受けてみて思ったのは、

世界中の英語を話す誰もが、

”綺麗な英語” ではないことです。

特に母国語が英語ではない人が話す英語は、

母国語のアクセントやクセが

英語にも反映されるように思います。

なので、彼らの話す英語は

聞き取るのが難しいです。

おそらく、逆に私が話す英語は

彼らには聞き取りづらいところが

あるはずです。

 

f:id:torako30:20170331004341j:plain

 

トロントで売られているリンゴ、

日本のリンゴの半分くらいの大きさです。

よくクラスメイトは無造作に

このリンゴをカバンから取り出し、

おやつや軽食としてガブリと

丸かじりしています。

 

明るく気さくなクラスメイトとの交流も

楽しみです。