読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

19日目:ビールが中華に

こんにちは。トラ子です。

 

クラスメイトのミレニ(ブラジル人)から

「今夜、バーに行こうよ!

今日はビールが安いのよ!」と誘われました。

 

トロントに来てから

まだ夜の街に遊びに行ったことはありません。

クラスメイトと遊びに行くのも初めて、

お酒も好きなのでビールが飲めるのも楽しみ、

「もちろん行くよ!」と返事をしました。

 

クラスメイトのソニ(韓国人)と待ち合わせをして

一緒にバーに向かいました。

 

f:id:torako30:20170406232500j:plain

 

『クロコダイルロック』というお店です。

約束の時間より10分早く着いたので、

他のクラスメイトが来るのを待つことにしました。

 

ところが、

約束の時間が来ても他のクラスメイトは

現れません。

お店の中に入って探しても、

他のクラスメイトの姿はありません。

 

約束の時間から30分を経過しても

誰一人クラスメイトは現れません。

店内は満席、さすがにお腹も空いたので、

ソニと私はバーを去ることにしました。

 

f:id:torako30:20170406233217j:plain

 

ビールを飲む予定が

フードコートの中華料理になってしまいました。

 

f:id:torako30:20170406233343j:plain

 

割り箸の袋には日本語が…

中華のお店なのに日本語です。

 

他のクラスメイトを待っているときに、

"そうだ、彼らはブラジル人だったんだ!"

ということに気がつきました。

 

待ち合わせの時間の感覚は

国や文化によって違うということは、

知っていたのですが、

いざ実際に待ち合わせしてみると、

文化の違いにうまく対応できず

難しいなと思いました。

 

モヤモヤした気持ちもありましたが、

考えているうちに、

彼らブラジル人同士は

どうやって待ち合わせをしているのか、

気になってきました。

 

これも大事な異文化交流の1つです。