読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

26日目:日本食の人気

こんばんは。トラ子です。

 

クラスメイトやハウスメイトの会話で、

「昨日、ジャパニーズフードを食べたよ!」

「ランチはスシレストランに行ったの!」

と、よく日本食の話題や単語を耳にします。

私が思っていた以上に、

日本食は外国人にも親しまれています。

 

何を食べたのかを聞いてみると、

ほぼ100% "寿司(Su-Shi)" です。

 

日本人としては外国人がどんな "寿司" を

好んでいるのか気になります。

クラスメイトのシドニー(ブラジル人)が

教えてくれたお店に行ってみました。

 

f:id:torako30:20170413114223j:plain

 

写真の撮り方が悪く暗いですが、

『ローテーション』というお店です。

看板には巻き寿司のようなイラストが

書かれています。

 

おしゃれカフェのようなお店で、

巻き寿司タイプのブリトー

どんぶりタイプのポキ

どちらかを選びます。

私は巻き寿司タイプの

"スキニースモウ(Skinny Sumo)"

というメニューを購入しました。

 

f:id:torako30:20170413114417j:plain

 

海苔の上にごはんを薄く敷いて

そこに海鮮・野菜・果物を

山盛りになるくらい乗せていきます。

 

f:id:torako30:20170413114901p:plain

 

くるりと巻いて半分にカットして完成です。

紙で巻いているところに

ブリトーの雰囲気を感じます。

この "お寿司" とても大きいです。

日本の太巻きの1.5倍くらいあります。

 

なぜ "スキニースモウ(Skinny Sumo)"

という名前なのかを聞いてみると、

「うちの店の中で一番ヘルシーだから」

と、日本人の店員さんが教えてくれました。

そのコンセプトのせいか

このメニューの具材には海鮮は入っておらず、

野菜と果物のみでした。

 

f:id:torako30:20170413121002j:plain

 

添えられていたお醤油は、

日本でもお馴染みのメーカーのものでした。

英語表記だと一瞬ケチャップのように

見えてしまいます。

 

日本で親しまれている "寿司" とは

ちょっと違いますが、

食を通して日本に親しみをもってくれる

外国人がいるのを近くに感じて

嬉しかったです。

 

まだトロントには、

色々な "寿司" がありそうです。