読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

43日目:丘の上の古城

こんばんは。トラ子です。

日本では "ゴールデンウィーク" が

始まったようですね。

日本からの便りで知りました。

カナダには "ゴールデンウィーク" がないので

すっかり忘れていました。

 

今日は『カーサ・ロマ』という

丘の上に立つ古城に行ってきました。

トロントで富を築いた

ヘンリー・ミル・ラペットの邸宅です。

 

f:id:torako30:20170430103418j:plain

 

中世ヨーロッパのような佇まい、

まさに古城です。

 

f:id:torako30:20170430104153j:plain

 

ガイドツアーはありませんが、

無料貸し出しのオーディオ端末を使って

説明を聞くことが出来ます。

日本語対応OKなので

まだまだ英語に不慣れな私でも安心です。

 

さっそくお城の中を見学してみると、

映画のセットのような素敵な空間の

オンパレードです。

 

f:id:torako30:20170430105652j:plain

 

f:id:torako30:20170430105723j:plain

 

メインフロアには、図書室や

植物を楽しむための温室があります。

 

f:id:torako30:20170430110018j:plain

 

2階には、ヘンリー・ミル・ラペット夫妻の

スイートルームの他にいくつかゲストルームがあり、

この部屋は中国テイストのゲストルームです。

 

f:id:torako30:20170430110446j:plain

 

3階にはこのお城で働いていた

召使いさん専用のお部屋がありました。

 

地下には地下道があり、

馬車のお部屋などがあったのですが、

気付かずに帰ってきてしまいました…。

 

f:id:torako30:20170430110947j:plain

 

4年の歳月をかけて建設されたこのお城に、

ヘンリー・ミル・ラペット夫妻が住んだのは、

わずか10年ほどだったそうです。

事業の失敗で破産し、このお城を手放した後は

一度ホテルになったこともあったようです。

 

f:id:torako30:20170430111710j:plain

 

バルコニーに出ると正面には、

現在のトロントのシンボルでもある

CNタワーが正面に見えます。

 

入館料は約2,100円です。

(※1ドル=84円にて)

入る前は「高いなぁ。」と思ったのですが、

見所がたくさんありますし、

無料貸し出しのオーディオ端末で

日本語の解説が聞けるので、

じっくり見学することができます。

 

解説は何度も再生できるので

今度は英語の解説で見学してみようと思います。