読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

46日目:イタズラか聖地か

こんばんは。トラ子です。

今日は先日行った『カーサ・ロマ』の

"裏側" についてです。

 

f:id:torako30:20170503111441j:plain

 

f:id:torako30:20170503111451j:plain

 

『カーサ・ロマ』には2つの塔があり、

どちらも内側に階段があるので、

上まで登って見学することができます。

 

私も塔の頂上まで登ってみました。

すると思いもよらぬ光景を目にしました。

 

f:id:torako30:20170503112200j:plain

 

f:id:torako30:20170503112212j:plain

 

壁一面にビッシリと書かれた名前やメッセージです。

マルチカルチャーなトロントを象徴するように

言語も様々です。

 

日本では一時期、修学旅行生等が世界遺産

ラクガキをしたことがニュースになって

騒がれたことを思い出しました。

「あぁ…日本人が書いたやつもあるな…。」と

悲しい気持ちになってしまいました。

 

ただ、日付を見ると1991年と書かれた古いものや、

膨大な数の名前やメッセージがあるので、

イタズラだけではないかもしれないと思いました。

パワースポットのような、

"ここに名前を書くと結ばれる" というような

噂が広まった時代があったのかもしれません。

 

とはいえ、歴史ある建物に

勝手に手を加えるのは良くないですね。

建物の外観には影響ありませんが、

ちょっと残念な出来事です。